Creates Customer Value

必見!火災保険の加入を検討する際の基礎知識

契約内容を充分に理解する

火災保険には必ず加入しておくことをお薦めします。火災の被害に遭うと、精神的なショックに加えて金銭的に大きな負担を負うことになります。その為、火災保険に加入しておくことが重要となります。ただし、ただ単に火災保険に加入すれば言い訳ではありません。自分にとって必要な補償を見極めることが重要ですし、費用負担も出来る限り抑えたいです。その為、単に営業マンの言うとおりに加入するのではなく、自分でも火災保険の補償内容を充分に理解してから、契約することが重要となります。

補償範囲と保険料のバランス

火災保険の補償内容は、広範囲にカバーしておいた方が安心感が高いです。しかし、補償範囲が広ければその分保険料も高くなってしまいます。自分の住環境からすると発生する可能性が低い事故もありますので、その様な補償は外した方が保険料も安く抑えられるメリットがあります。もちろん保険料を節約することを最も優先してしまえば、本来の保険の役割が果たせなくなってしまいますので、補償範囲と保険料のバランスはじっくりと検討することが必要です。

地震保険の重要性について

日本は地震大国でもあります。日常的に地震が発生することは珍しくありませんし、何年かに一度は大きな地震も発生します。地震による被害はかなり大きくなります。なぜなら地震は揺れによる被害だけでなく、火災なども起こるケースがありますし、津波のリスクもあります。しかし、火災保険では地震による火災などの被害は残念ながら補償されません。別途地震保険に加入しておくことが必要となります。日本で地震が発生する頻度を考えれば、出来るだけ地震保険にも加入しておきたいです。

火災保険は火災が起きた時に補償がおりるというもので、自宅などを火災から守りたい時に加入しておくものなのです。