Creates Customer Value

利益を出そうと思ってはいけない!?信用取引の運用方法

素人がやってしまいがちな信用取引の運用

信用取引は取引規模が拡大できるといった点や、空売りが可能になるといった点から非常に有用な取引だとされていますが、他方損失も拡大しやすいため、危険な取引とも認識されています。信用取引の素人がよくやってしまう誤った運用方法とは、勘を頼りにした裁量トレードによる運用です。現物取引では目立たなかった裁量トレードのあらは、信用取引のような厳格なスタンスが求められる取引では表面化しやすく、現物取引で利益を出せていた投資家が信用取引に手を出すようになって、突然損失しか出ないようになったということもよくあるほどです。

信用取引は基本的に薄利を心がける

信用取引で利益を出すために必要なのは、損失率よりも高い利益率が過去のデータから実証できる取引システムとそれを貫く鉄の意思です。一般的に「ほぼ100%の確率で利益が損失を上回る」という取引手法では、薄利しか出ません。しかし、信用取引のような損失が拡大しやすい取引では確実性の方が重視されるため、結果薄利になりやすいと言えます。また、例え損失しか見込めない状況であろうと、システムが示すサインが出たらその通りに実行できるだけの行動力と意思が無ければ裁量トレードに陥ってしまい、将来的に失敗を招く可能性が高くなります。

信用取引はリスクヘッジの手段と割り切るのが重要

心理的ストレスが大きいにも関わらず薄利しか取れないのが信用取引です。完全オートマティックで何もしないで済むような取引システムを構築できたなら薄利でも運用する価値は十分にありますが、敢えて利益を追求しないというスタンスで信用取引を活用する投資家もいます。そうした投資家は信用取引をリスクヘッジの手段として活用しています。両建てや株価が上昇している際での利益確定など、あくまで現物取引の補助的手段として活用すると、信用取引のメリットをより光らせることができるのです。

信用取引とは、簡単ににいうと自分を信用してもらって、自分が持っている資金以上の取引ができることです。株の場合は買いだけではなく売るポジションをとれたりメリットもあります。