Creates Customer Value

人によっては専門資格もかえって取りやすい

職に直結する専門資格を

通信制高校を選択するのは、大学入学資格を得るため、高校卒業資格を得るため、等人によって目的はさまざまでしょう。今や過半数が大学に進学するため、大卒資格には希少価値がなくなった、むしろ職に結びつく専門資格を取りたい、と思う人も中にはいると思います。大卒資格は過半数が持つ資格で、しかも分数のわからない大学生もいると話題になっている昨今、それだけで希望の職にというのは今後ますます難しくなるかもしれません。

簿記など、一生の資格が取れることも

別段、どうしても大学生活を送りたいというわけでもない場合は、通信制高校で、卒業後に役立つ資格を取るのがお勧めです。職に関していうと、特にひっぱりだこなのが経理のできる人です。簿記検定の資格とか持ってると、かなりの強みになりますよ。現在はオフィスのIT化が進んで、事務職といってもそんなに需要はないようです。でも、一般事務ではなく経理事務となると話は別です。常に需要があり、給料も高めです。高校で取れるなら取っておくに越したことはないでしょう。

通信制の方が向いていることも

例えば簿記資格の勉強となると、相当自分で頭を使わなければならず、漫然と授業を聞いているだけではどうしようもない面があります。勉強すべてがそうなんでしょうけど、専門資格を取るための勉強って、むしろ通信制の方が向いてるって場合も多いんじゃないでしょうか。自分のペースで理解を深め、頭に叩き込んでいかなきゃならないんですから。せっかくの学びの場です。しかも自分の裁量でいろいろコントロールできるーーー今後の人生に役立つように有効活用してほしいものです。

通信制高校は、普通の学校とは違い、学校に通うことはあまりなく自宅で勉強をしていく高校になっています。