Creates Customer Value

貯金だけじゃない!お金を増やす手段について

毎月投資信託を積み立てて増やす

貯金はお金を確実に貯める行為ですが、お金がお金を生むというスタイルの投資を取り入れることで貯金の効率を高めることが可能です。投資信託は株式投資などのように日々の大きな変動を伴わないゆっくりとした値動きになっており、毎月配当がでる投資信託や自動で再分配する仕組みになっているインデックスファンドなどに投資することで長期的に資産を増やすことが可能です。毎月一定額投資信託を購入していくと10年後には貯金をするよりも多くの資産を形成することも期待できますよ。

定期預金のキャンペーンで増やす

銀行の普通預金の金利はどこの金融機関でも低い数値になっていますが、定期預金のキャンペーンを活用すると高い金利でお金を増やすことが可能です。メガバンクは支店ごとに定期預金キャンペーンを行っており、3か月もので年率1%という金利の商品を扱っていることもあります。また、地方銀行や信用金庫などでも年率0.5%という高金利で定期預金を募集することが多く、まとまった金額を貯金するなら定期預金に預け入れる方が貯蓄効率を高めることになりますのでとてもお得ですよ。

貯蓄型保険で保障と貯金を両立する

家計における出費の中で大きな要素を占めるのは食費の次に保険料金だと言われています。保険は掛け捨て型と貯蓄型に分かれていますが、貯蓄型保険を選択すると毎月の保険料は高く設定されていますが、そのほとんどが保険会社の運用分に回っており、解約時の返戻金という形で戻ってきますので貯蓄しているのと同じ効果があります。貯金しながらも通院や入院などの保障、死亡保障なども受けられますので、トータル的にはとてもメリットが大きい貯蓄商品だと言えるでしょう。

お金を増やすということは貯金と投資という二つの側面があります。単純に積み立てて増やす方法と、株式投資のように元本が保証されないリスクを背負う方法とがあります。