Creates Customer Value

エクセルの使い方とテクニックとは

エクセルの使い方について

パソコンにほとんど標準でついているエクセルは、表計算ソフトとして様々な利用ができるものです。データをまとめたり管理したり、あるいは分析することにも活用できます。その使い方は、初心者であればスクールに通うことで簡単に身につけることができます。基本的な使い方から表の作成の仕方などを学ぶことができます。ネットでのサービスを利用すれば、無料で学ぶことができます。ある程度使い方に慣れてきたら、あとは独学で学ぶことが可能です。

エクセルのテクニックの磨き方

エクセルの大きな特徴は、関数を利用することで複雑な計算や分析を自動で行えることです。そのためには関数を使うテクニックが必要になります。扱える関数の数もかなり多いので、やはりスクールを利用するのが最も簡単な勉強方法と言えます。独学で学ぶのであれば、何か例題などを用意して目的を定めることが大事です。必要に応じて少しずつ使える関数を増やしていくのがポイントになります。ある程度慣れれば、あとは自分で調べながら覚えることが可能です。

エクセルのさらなるテクニックとは

エクセルには関数の他にも、さらに高度なテクニックがあります。VBAと呼ばれるプログラミングを使用することで、完全に自動で処理を行えるようになります。これを使うことによって、エクセルを利用したアプリケーションを作成することができます。膨大なデータを処理したり、分析結果を求めるような時に便利です。あるいは商品などの在庫管理などにもちょっとしたアプリケーションを作ることで、誰でも簡単に利用できるようになります。

MOS講座はパソコンで仕事をする場合に必須である文書作成等を学べるので、事務仕事が多い場合は講座に通うと良いでしょう。