Creates Customer Value

社会保険労務士についての基礎知識

社会保険労務士とはどんな仕事か

社会保険労務士は、人事や労務、社会保険等に関する専門的なサービスを提供することを主たる業とする国家資格です。従業員の雇用や人事管理に係る書類の整備や各種の相談対応などを通じて、円滑な企業経営に対する支援を行っています。年金相談や不服申立の代行など個人を対象とした業務も取り扱っていますが、主たる顧客は中小企業などの法人です。

社会保険労務士は基本的には独立開業型の仕事ですが、有資格者の中には企業の総務部門などに所属している人もいます。一般に前者を開業社労士、後者を勤務社労士といいます。

社会保険労務士の主な業務

社会保険労務士の取り扱う業務は、概ね次の通りです。

1つめは社会保険や労働保険に関する各種書類の整備です。これは請求書や届書など官公署に提出する書類の作成代行、労働者名簿等の内部帳簿の調製代行の両方を含みます。

2つめは社会保険・労働保険・労務管理などに関する相談対応です。これには就業規則や給与規定の改廃、職場のセクハラ・パワハラ対策に関する助言等が含まれます。

また、一定の要件を満たした有資格者にあっては、労使間における紛争処理の代理人となることが認められています。

注目される労務診断サービス

雇用環境の多様化、企業コンプライアンスの重視といった昨今の風潮から、適正な人事・労務管理は企業経営にとって重要なポイントとなっています。そのため社会保険労務士という仕事の持つ社会的重要性も年々高まってきています。

特に最近では、社会保険労務士の提供する労務診断サービスに注目が集まっています。これは法定帳簿や就業規則等の整備状況、関係法令の順守状況などを総合的に診断し、認証を行うサービスです。適正と認められれば労務管理面における優良企業であることのアピールポイントとなります。

社会保険労務士の就業規則で規則を改善することができます。今までの古い就業規則では不自由がある場合などに良い規則を提案してもらうことが可能です。